2010年05月01日

「政治家は人間の基本忘れるな」=桐花大綬章の綿貫民輔元衆院議長(時事通信)

 「長生きして長らく政治をし、皆さんのためにご奉仕をさせていただいたご褒美かな」。桐花大綬章を受章した綿貫民輔元衆院議員(82)は、穏やかな表情で喜びを語った。
 綿貫氏は1969年、衆院議員に初当選。その後約40年にわたる議員生活で「1番の思い出」と語るのは、2005年に郵政民営化に反対して自民党を離党、国民新党を結成したことだ。「郵政見直しは自分が決断をして実行した大きな政治課題だった」と感慨深げに振り返る。
 昔と今の政治家はどう変わったか。「今はあまりにもぶれる人、こびる人、おごる人が多い」と嘆く。「国会議員なんかやってると、それが人生のすべてだと思ってしまう。人間としての基本を忘れないでほしい」
 長い議員生活を終えた今、「一般の市民にもういっぺん戻って、市民としての生活をエンジョイする」と意気込む。これまで多忙でなかなか帰れなかったという地元富山の話になると、「山菜でも野菜でも魚でも何でもうまいんだ。特に天然の水が一番」。笑みがこぼれた。 

【関連ニュース】
参院比例に中川氏擁立へ=たちあがれ
参院千葉に水野氏=みんな
比例議員の新党結成制限を=民主・平田氏
「敵間違うな」「信念に従う」=自民除名の舛添、与謝野氏がコメント
与謝野、舛添氏を除名=園田氏ら5氏の離党届は受理

<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)
<福知山線脱線>事故当時の車掌献花…「道義的責任感じる」(毎日新聞)
<香取市長選>宇井氏が再選 千葉(毎日新聞)
普天間移設で首相「必ず五月晴れにしないと」(読売新聞)
元キャスター真山勇一氏、みんなの党比例公認(読売新聞)
posted by ヨネダ テツオ at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。