2010年06月11日

脱小沢路線を警戒 自民「敵失頼み」見直し(産経新聞)

 自民党は、国会で指名された菅直人新首相について「表紙のすげ替え」と批判するとともに、引き続き「政治とカネ」問題などをめぐる衆院予算委員会の開催を求め、政権を追い込みたい考えだ。ただ、菅氏が民主党の小沢一郎幹事長の影響力を排した人事を行い、国会での強行審議も見直せば、「政権支持率が上がり、自民党の存在感が薄れてしまう」(中堅)との警戒感が出始めている。

 新首相に選出された菅氏が国会内の自民党控室に来ると、仏頂面で出迎えた大島理森(ただもり)幹事長は矢継ぎ早に質問した。

 「組閣、いつやりますか」「(国会の)会期は延長しないで終わることも考えているのか」

 突然のジャブに戸惑う菅氏。それでも、組閣に関しては「土日を挟み、あとは天皇陛下が火曜日(8日)まで休養とお聞きしているので、火曜日中に手続きを終えたい」とどうにか答えた。

 自民党にとって、今後のベストシナリオは、菅新政権が人事で鳩山内閣をほぼ引き継ぐ「居抜き政権」でスタートし、国会では郵政改革法案などの取り扱いに関し、引き続き強行審議、採決を進めていくことだった。

 ただ、菅氏は、「小沢色」を排した人事を行う姿勢を見せているうえ、国会会期も延長を視野に入れ、郵政法案の審議も一定時間、確保する可能性が出ている。

 自民党の谷垣禎一総裁は「鳩山さんの失策に国民の失望感が高まり、支持率が低くなった。内閣の支持率は当面、元に戻るだろうが、結局同じような問題が起きてくるのでないか」と、新政権も早々に行き詰まるとの見通しを示した。

 党内には、菅氏が小沢氏と距離を置けば置くほど、「政治とカネ」問題を追及しても、新政権のダメージにはならないとの見方も出ている。あるベテランは「民主党の失点に頼ってばかりではいけない」と警鐘を鳴らす。

<参院選>安倍元首相らが民主の単独過半数阻止で連携(毎日新聞)
沖縄の牛は陰性(時事通信)
ゴーストライターはここまで書く……という実態(Business Media 誠)
<投資ファンド>悪質横行…証券監視委の検査追いつかず(毎日新聞)
別れ話に腹立て、ツイッターで殺害予告した疑い(読売新聞)
posted by ヨネダ テツオ at 11:21| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)

 昨夏の大相撲名古屋場所で暴力団幹部らが一般では入手できない維持員席で観戦していた問題で、観戦していた幹部の大半が指定暴力団山口組弘道会(本部・名古屋市)に所属する組長だったことが27日、愛知県警への取材でわかった。

 県警は、組幹部がテレビに映ることで、刑務所にいる組員を励ますだけでなく、対立するほかの組に弘道会の存在や結束力を誇示する狙いがあったとみている。

 捜査関係者によると、同県体育館の維持員席で観戦していた暴力団幹部らは延べ五十数人。昨年7月12〜26日の名古屋場所中、木瀬(きせ)親方(40)(元前頭・肥後ノ海)や、名古屋市内の遊技業会社員に依頼して確保した6席に入れ代わり立ち代わり座っていた。6席は1席当たり37万円から40万円で取引されていた。席はテレビに映りやすい場所が中心だったという。県警によると、弘道会は、6代目山口組組長を出すなど、実質的に山口組を仕切っている。

<みんなの党>パラリンピック金メダリスト擁立 参院選静岡(毎日新聞)
看護師国試合格のインドネシア人が都内で報告会(医療介護CBニュース)
首相は辞任を=公明・山口氏(時事通信)
豪、捕鯨で日本を提訴へ(産経新聞)
海賊版ロック解除、Wiiを違法改造・販売(読売新聞)
posted by ヨネダ テツオ at 15:21| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

小沢氏、不起訴へ 東京地検、立証困難と判断(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は20日、小沢氏を21日にも再び嫌疑不十分で不起訴処分とする方針を固めた。20日に最高検など上級庁と最終協議し、元会計事務担当で衆院議員、石川知裕被告(36)=同法違反罪で起訴=ら元秘書との共謀を立証するには証拠が十分でなく、起訴は困難と判断したとみられる。

 小沢氏は2月4日に不起訴処分となったが、検察審査会が4月27日、「起訴相当」と議決し特捜部が再捜査していた。小沢氏は再び不起訴となっても、検審の再審査で「起訴すべきだ」と議決されれば、東京地裁指定の弁護士に強制起訴される。

 検審は議決で、石川被告と元会計事務担当で元私設秘書の池田光智被告(32)=同=が「政治資金収支報告書を提出する前に小沢氏に報告し、了承を得た」などと供述したことを「直接証拠」として評価。小沢氏と元秘書との共謀を認定できると判断した。

 関係者によると、特捜部の再聴取に対し、小沢氏は「報告や相談は受けていない」と改めて否定。元会計責任者で元公設第1秘書の大久保隆規被告(48)=同=は小沢氏の関与を否定し、池田被告はあいまいな供述。石川被告は「小沢氏に報告した」などと従来通りの供述を維持したという。

 しかし、特捜部は石川被告の供述は依然として具体性に乏しく、小沢氏について公判で有罪を立証するのは難しいと判断したとみられる。

アユ密漁容疑で書類送検 「稚魚がおいしい…」(産経新聞)
注意報など細分化 22年度気象白書(産経新聞)
外で活発に遊んだ子ほど学習熱心に(読売新聞)
<ローラー子供靴>転倒事故が急増…生活センター注意喚起(毎日新聞)
<シー・シェパード>初公判 元船長は傷害罪を否認(毎日新聞)
posted by ヨネダ テツオ at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。